農業家三浦雅之情熱大陸予約の取れないレストラン清澄の里 粟

農業家/三浦雅之(みうら まさゆき)

農業家 三浦雅之

予約の取れないレストラン清澄の里「粟」オーナーで農業家の三浦雅之さん

情熱大陸で取り上げられ

「予約の取れないレストラン」で有名な

農家レストラン「清澄の里 粟」がある。

1日20組限定でランチタイムのみ営業している。

絶滅寸前の野菜

絶滅寸前の野菜を救って育て

美味しさを伝える男として

三浦雅之さんは力を注いでいる。

伝統野菜とは何か?

日本は野菜などたくさんの種類がある。

その中でも絶滅の危機や

大和野菜(やまとやさい)と

呼ばれている野菜がある。

大和伝統野菜ってどんな種類があるの?

三浦雅之さんは伝統野菜の調査研究と

栽培保存活動をしている。

大和野菜(やまとやさい)とは

現在の奈良県(旧大和国)で

生産しているお野菜のうち

奈良県が「大和野菜」と認定したもの

そして、在来種であることがポイントです。

<大和の伝統野菜>

大和まな
千筋みずな
宇陀金ごぼう
ひもとうがらし
軟白ずいき
大和いも
祝だいこん
結崎ネブカ
小しょうが
花みょうが
大和きくな
片平あかね
紫とうがらし
黄金まくわ
大和三尺きゅうり
大和丸なす
下北春まな
筒井れんこん (2011年12月20日追加)

大和のこだわり野菜

大和ふとねぎ
香りごぼう
半白きゅうり
朝採り野菜(レタス、なす、きゅうり、スイートコーン)
大和寒熟ほうれん草(2010年1月13日追加)

三浦雅之さんは絶滅しそうな

野菜を救うため、現在保管している

種やイモ・豆はおよそ100種類もあると言う。

家族野菜

家族野菜とは伝統野菜や

量産が出来ない、生産性が低い理由で

量産できないある意味貴重な家族向けに

作られてきた野菜だ。

そんな珍しい野菜をレストランで食材にし

味じわえるレストランは貴重だろう。

畑の前で野菜を手にする清澄の里「粟」オーナー 三浦雅之さん

畑の前で野菜を手にする清澄の里「粟」オーナー 三浦雅之さん

滝川クリステルのおもてなしが味わえるレストラン

滝川クリステルおもてなし

滝川クリステルのおもてなしが味わえるレストラン

店名は【清澄の里 粟(きよすみのさと あわ)】

「清澄の里 粟」は完全予約のお店で

お店は夕方4:00まで営業していて

店員さは「ゆっくりとおくつろぎください」と

滝川クリステルのおもてなしを味わえるレストランです。

また、おもしろいのはお店のあちらこちらに

お店で提供する野菜をディスプレイとして展示してあり

そのお野菜のひとつひとつを丁寧にお店の人が

分かりやすく説明してくれるのでお店の人と

楽しみながらお食事ができるレストランです。

いつもお肉中心の食生活をされている方は

お野菜をたくさんとれるので、身体もリセット

される健康レストランなので一度は訪れてみるべきですね。

予約の取れないレストラン清澄の里 粟

予約の取れないレストラン清澄の里 粟

予約の取れないレストラン清澄の里 粟

■清澄の里 粟

奈良市高樋町861
(0742)50-1055
天理東インター、五ヶ谷インターより約8分
※注意!完全予約制なので必ず電話で予約が必要です。
清澄の里 粟


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ